top of page
  • 執筆者の写真yasushiyamanoi

現地調査

現地調査してきた物件が、たまたま伊東豊雄さん設計のビルでした。

当時の担当者さんが妹島和世さんだったようで、ビルのエントランスには、当日の図面や雑誌などが飾られていました。

ボイドスラブという、特殊な床でつくられ、天井も床も梁がなく、ニュートラルで、すっきりとした室内です。このあたりは妹島さんらしい雰囲気です。

一方で外観は、コンクリートの荒々しい斜めのブレースが特徴的で、後のトッズ表参道やミキモト銀座を予感させる伊東さんの雰囲気です。

管理会社様がしっかりとメンテナンスしていたため、空間の魅力を今でも伝えています。





0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page